この夏をクールに乗り切れ 断熱塗料の効果

本格的な夏に間もなく突入しようとしています。家の中にいても熱いくらいになってきたました。我慢をすればそれでも生活できますが、人間どうしても快適さをまとめるもの。
そこでこの夏からぜひ試してみて欲しいのが断熱塗料です。
ここでは断熱塗料の利点について解説します。
・室内温度が低下する
これから特に暑い時期に入りますが、快適に過ごすためには室内の温度が涼しい方がいいわけです。断熱塗料の利点として塗るだけで室内の温度を下げる事ができます。
夏場はエアコンをつけないと蒸し暑くてついついクーラーをフル回転させてしまいます。
でもエアコンの電気代は家計を圧迫する大きな要因です。
断熱塗料を塗ると室内温度が5度から6度下がります。これによりエアコンが不要になる。
もしくは少しのエアコンで大丈夫なためにエアコン代が抑えられるという利点があります。
・室内温度を保温する
例えばがガイナの場合には家の中に塗ると、周辺温度と同一になろうとする性質のおかげで暖房をつけるとすぐに暖かくなります。
さらにその温かさをキープします。これは冬にもありがたいですよね。
そして夏の場合には冷房をかけると冷房が効きやすくなります。
・耐用年数が長い
断熱塗料は耐用年数が長いのも特徴です。一般的な塗料の耐用年数が5年から10年ぐらいなのに対して、15年から20年程度もの間外壁を守ります。

・環境問題にも配慮できる

近年は環境問題がよく問題にされて国民が環境に向けての意識が高まってきています。
ですからいくら快適でも環境に悪いのであれば、利用したくない人もいる事でしょう。
しかし、断熱塗料は地球環境を守る事につながります。
その性質上夏も冬もエアコンをあまり使わなくて済むので省エネルギーでかつエコな暮らしが出来ます。
電力の消費は温室効果ガス排出量の大きな原因にもなります。
断熱塗料でおすすめはガイナです。断熱塗料ガイナはあのJAXAの断熱特許の供与を受けて独自に開発された画期的な断熱塗料です
冷暖房にかかわるエネルギーロスを大きく抑える事ができ、二酸化炭素削減に大きく貢献しますからぜひ、検討してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする