神社のお祓いで事故がなくなった体験をしました。

今まで何度事故を起こしたことか、数え切れません。

当時、免許を取りたての私が一番初めに起こした事故は、免許を取って半年くらいで人の家の門扉(かなり豪華)にぶつかったことでした。

その手前に小さな交差点があって、私が先に進んだのですが、左からきてた車が私の後ろ左にぶつかって、そのぶつかった勢いで交差点の角にあった家の門にぶつかったということです。

まだ若かったので、びっくりした拍子にアクセルを踏んでしまい、スピードが出てしまったことを覚えています。
車はボンネットがぐしゃっとしてて、大破してしまいました。
もともと中古車だったのですが、もう廃車することになってしまいました。

それから、新車で軽自動車を購入したのですが、バイト先の休憩時間に隣に彼を乗せて走っていたら、こちらも信号のない小さな交差点で、右から原付バイクが走ってきて、右のフェンダーにぶつかり、ボンネットの上をおじさんが転がって落ちました。
慌てて飛び出して大騒ぎになって、結局おじさんは肋骨を折るけがをして入院してしまいました。
それでも車はへこんだだけで無事で、乗り続けていたんですが、信号待ちしていたら、前の車がいきなりバックをしてきてフロント部分が接触したり、(前の前のトラックがバックすると思ったらしく、ぶつかるからと後ろもみずにバックしたらぶつかった)交差点の右折で待っていると前の車が急ブレーキをかけたので後ろをこつんと当たってしまったりと、20代の頃は事故が絶えず、2~3年内に一度はぶつかっているという感じでした。

ちょこちょこの接触程度で体と車は平気だったので、この車を長く7年ほど乗っていたのですが、前から来た車がおそらく携帯でメールをしていて、前をみておらず、クラクションをならす暇もなく、正面衝突されたこともありました。

本当に意味がわからず、何で?と思うのとそしてまたかって思うのとで、悔しかったです。

それから車を乗り換えて次は中古の軽に乗ったんですが、その車でも2度事故を起こし、3年のうちに廃車となりました。

自分からの事故もありますが、人から当てられた場合もあって、私が車で止まっていても、誰かにぶつかられるって本当におかしいよと思い、もはやこれだけ事故を起こすって何かとりついているのかなと思ってきて、母と神社にお祓いにいってきました。
もし思い当たるとすれば…
当時は大きなお寺さんの近くに住んでいて、お墓が近所にあったので、そこの霊が悪さしたのか、18歳くらいのとき、よく友達と廃墟に肝試しにいったりしていたので、変なものがとりついていたのか。(一緒に行った子がバイクで事故をしてから障がいをもってしまいました。)

神頼みではないですが、気持ちの問題もあるので、お祓いにいくことにしました。

すると…不思議とそれから事故はなくなりました。

20代の頃の数え切れないほどの事故が不思議でならないくらい、今でも毎日のように車に乗るのですが、もうお祓いをしてから5年ほど事故はありません。

もっと早くにお祓いをしておけばよかったようにも思いますし、いつ何があるかわかりませんので、これからも何もないことを祈ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする