2歳から次男が虫歯に…わたしがもっと乳歯の虫歯のことを知っていれば

次男が市の検診で虫歯があると言われました。下の子供だったので上の子と同じような食生活をしていたことや、2歳近くまで授乳をしていて夜中の授乳が一番の原因だと言われました。母乳でそんな簡単に虫歯はできないであろうと勝手に判断していたのが間違いでした。その頃初期虫歯が6本みつかりました。上の子が虫歯がなく、乳歯の虫歯は白いと知らなかったのでなにも気にしていませんでした。虫歯はてっきり黒か茶色と思っていたのでこちらも気づくのが遅かったです。
そして半年に一度、小児歯科でみてもらっていて初期虫歯なら頑張れば治るという言葉に期待しながら毎日ブラッシングを頑張っていました。おやつに関してはやはり上の子が食べてるものをみると欲しがるので規制できず、おやつの後にブラッシングをするよう心がけました。
きっとおやつも規制できてたら初期虫歯も治ったのかもしれませんが徐々に悪化をし、一年半後には4本がC2にまでなりました。虫歯は全て上で前歯が4本、奥歯が2本虫歯なのですが前の歯に関してはできるだけ治療せずに抜けるのを待ちましょうとのことでした。奥歯は進行を防いである程度の年齢になって暴れないようになったら治療しましょうと言われました。

よく押さえつけての治療とかありますが、私もやはりそれは望みません。先生の方針はそれぞれなのでそれに合った歯医者を見つけたほうが良いとはこういうことなんだと理解しました。乳歯はいずれ生え変わるけれど乳歯が虫歯なら、永久歯も虫歯になりやすくなったり、生え変わりの際に変なところから永久歯が生える可能性があると教えていただき、生え変わるから大丈夫なんて考えも間違っていたのだと学びました。

私が虫歯についての知識がなく、次男に申し訳ないことをしたと思っています。もっと虫歯についてしっておくべきだったとも後悔しました。小児歯科に通うようになり、はぶらしも歯磨き用ジェルも歯医者で購入するようになりましたがはぶらしは市販よりも磨きやすく安く手に入ることを知りました。
ジェルもよく市販でフッ素配合と書いていてほんとうかな、と疑っていたわたしですが歯医者で買うものは信頼できるし、進行を防ぐために次男と頑張ろうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする