看板の持メリット、私たちのメリット

市街地へ出ると、看板はいたるところで見かけますね。いろいろな種類・形があり、デザインも様々で、場所や建物に合わせて使い分けられています。

看板を見るだけで入ってみようかなと思ってしまったり、なんとなく親しみがわくお店であったり、看板で会社の仕事が浮かんでくるというような場合もあります。また、知らない土地でも、看板を探して目的地にたどり着いたという経験ありませんか。看板は、私たちの生活の中で大変役立っているものなんですね。

ひとまとめに看板と言っても様々な看板があります。これらの看板は、条件に合わせた様々な形や種類があり、予算やメンテナンスも合わせて考え、設置されています。

看板の種類から見てみると、一番多く目につくのは、建物の壁を使った壁面看板でしょう。正面や横の壁面に貼り付けられた看板です。窓に文字を貼りつけたものはものもあり、ウインドーマーキングといわれます。プレートに文字を入れ、入り口の壁に貼り付けるプレート看板もあります。

袖看板も多いです。壁に直接設置しますが、壁から突き出しているタイプで、ビルにいくつもの会社やお店が入っている場合によく使われています。また、屋上に設置する大型の屋上広告もあります。

大きな壁面が使えないところでは、スタンド型の看板が使われます。玄関、会社入り口などには自立型の大きな看板もあり、駐車場や奥まった場所にある場合は立て看板が使われます。

懸垂幕や横断幕は布地に書かれた看板で、設置期間が短い場合に取り外しができるメリットがあり、大型文字で書き表すことでより遠くまで伝えられる良さがあります。

歯科の看板など、用途に合わせた看板の種類も豊富ですが、さらに内部に照明が入っている電飾看板や、外から照明灯で照らすタイプもあり、夜間でも目立たせることができます。

看板の形や素材で、会社やお店のイメージを広くアピールすることができますが、さらに、設置者の思いをキャッチコピーにして強調したり、書体や背景を考えたデザインにしたり、色鮮やかでキレイな印象になど、様々な作り方が可能なところも看板の良いところでしょう。

看板が使われる一番のメリットは、看板自体が広告媒体であるということ。街を行きかう人すべての人に遠くからでも目に入りやすく、何のための建物であるかを明示でき、また、長時間人目に付くことやチラシなどのような地域限定ではないため、広告効果は非常に大きくアピール度を高めることができます。

道路沿いの建物などの場合では、その建物に何が入っているのか、また連絡先などについてはどうかというようなことが一目でわかるように、また、奥まったところにあっても目的地まで案内して人を呼び込むことができるなど、道案内の役割も果たし、様々な情報を伝えるための表示物となります。

看板は、設置者からすると、宣伝・広告・店舗の所在を知らせるという大きなメリットと、効果的に使うことでより大きな集客アップや企業イメージアップを図るための宣伝活動を期待できるものでもあり、目にする私たちにとっては、知らず知らずに目から情報として取り入れ、生活の中で利用しているものでもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする