最近は、予防歯科なんですね

小さい頃から歯医者さんは好きではありませんでした。私の年代ではほとんどの人がそうだと思います。だからきっと子供ができても歯医者さんへ連れていくのは苦労するんだろうな~って、漠然と思っていました。
しかし実際子供が生まれて、色々な情報が舞い込んでくる中で、どうも私の思っていた歯医者さんと最近の歯医者さんは違うらしいということが分かっていました。
虫歯になりにくくするために子供の歯にフッ素を塗る?虫歯予防のために歯のデコボコを埋める?毎月歯医者さんで定期健診?え?なんですかそれ?って、「?」が頭を回っていました。子供の2歳児検診の時にフッ素を勧められたので、よくわからずに歯医者さんへ電話をしてみました。こんなことで歯医者さんへ行ったら怒られるんじゃないかと、すごく不安でしたが、受付のお姉さんは慣れた様子で快く予約を入れてくれました。

当日も、恐る恐る受付のお姉さんに話をすると、やはり慣れた様子で「こちらへどうぞ~」と案内されました。先生はマスクしていたのでは顔がよくわかりませんでしたが、たぶんお若い先生だと思います。これまた慣れた様子で子供とおしゃべりをはじめ、あっさり子供の心をつかむと診察開始です。一通り口の中をチェックしてその後フッ素を塗ってくれました。診察室の中も、小さいですが山盛りのおもちゃが置いてあるキッズルーム的な場所もあり、診察中のお母さんのことなどお構いなしに歯科衛生士のお姉さんと大盛り上がりのお子さんもいらっしゃいました。

我が子もそこへ加わりたかったようですが、先生からご褒美のおもちゃをもらうとさっさと待合室へ出て行ってしまいました。
私はかなりの衝撃でした。歯医者さんと言えば怖そうな先生と緊張感のある診察室のイメージだったのですが、まったく違いました。そして、半年に一度くらい見せに来てね~と、本当にかる~く言われました。そーなんだ?そんなにお気軽に歯医者さんって行っていいんだ?!と、びっくりしました。
後日先生から聞いたお話ですが、定期健診とか歯が痛くない時に慣れておくと、いざ虫歯になったとしても歯医者さんへ行くことを嫌がらない。先生を怖がらないので治療もしやすいとのことでした。なるほど~と納得しました。

確かに「歯医者さん=痛い」でしたから、それがなくなったらあんなにおもちゃだらけの病院、子供にとってはパラダイスかもしれませんよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする