今はこれ食べる気分じゃないんだよねという心の声が聞こえる

子供にパスタをつくってあげたらいらないとそっぽを向くので、お腹がいっぱいなのかな?じゃあごちそうさまだねーと食器を片付けました。
すると背後からカサカサ音がしたので振り返ってみたら保存用にとラップに包んでおいた白米をめくって食べていたのです。

白米ってあなた散々食べるのを嫌がってきたのに?とか、お腹がいっぱいなわけじゃなかったんだとか色々考えましたが、一生懸命に食べていたので食事が終わるまで見ていました。
食べ終わって満足したら遊び始めたので再びラップに包みましたが、白米を食べてくれなくて悩んでいたのにこんなにあっさり解決してしまったことが衝撃でしたね。

この子はご飯が嫌いなんだ。個性があるからしょうがないと自分に言い聞かせつつ、白米を食べてくれると調理する方としても楽なんだけどな。何とか食べてくれないかなとずっと考えていたのです。
まさか急に自分から食べるようになるとは思いませんでした。それに結構おいしそうに食べていたので今までのは何だったのと言いたくなりましたね。
大人相手だったらハッキリと言っていますよ。
しかも白米だけじゃかわいそうだからと途中で好物の海苔でご飯を包んであげてみたりしたんですが、海苔はいらないと返されました。
白米だけ食べていたかったようです。夫より大変な生き物だなと感じました。

夫も食に関しては煩いのですが、好物を出しておけば文句は言いませんからね。
子供は好物を出しても食べる日と食べない日がありますもの。

子供は大人と違い、自分の感情に素直に従って我慢することなく生きているのかもしれないと私は考えています。
まるでお姫様や王子様のようなわがままっぷりですが、何もわからないから今日は食べたい気分、食べたくない気分、という気持ちのまま行動しているんでしょう。

今はわがままでも大きくなったら、これ食べたくないと言ったらせっかくつくってくれたお母さんがかわいそうだから、おいしいって食べておこうと気を遣える優しい子に育ってほしいと思います、本当に。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする